読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のお役立ち情報ブログ

人生でいろいろお役立ち情報、びっくりしたこといろいろ掲載シています。

今の人生

今の私の人生・・・。またまたこういう見出しで今日、はじまりました。現在、朝の6:00頭が、ぼーとする中で投稿しています。自分の人生が、もうちょっとで変わる。と思ったらあなたは、なにを考えますか。いま、私は、それを考えているのです。もうちょっとで変わるかもしれないのです。チャンスが来ているのです。そのチャンスをものにするか、捨てるかは自分次第。そんなことを書くと、もうちょっと話してよ。と誰もが言うでしょう。昨日、職場の人と年金のことを話していました。今からの日本の現成についての話でした。まだまだ大丈夫と思っていたら、とんでもない世の中が来てしまった。そうなってしまったらもう遅いのですね。私は、今まで2度ほどそれを経験しています。その瞬間は、自分の予想していた現状とは、もっとかけ離れた現実がやってきた瞬間でした。世の中が。いい方向にじゃなく、悪い方向にです。その瞬間は、やる気というものは、どこかに吹っ飛んでいったことを記憶しています。そんな瞬間が、またこれからの日本にやってくるのじゃないかと思っています。そういう現状を先読みする先見の目を持つようにすることが大事です。意識することです。私も意識していきます。

私は、62歳・・・

私は、現在62歳・・・。鏡を覗けば、それなりの年相応の姿が見える。しかし、頭の中は、まだ、30歳のころの気持ちである。人間というものは、おかしなもので、気持ちの持ちようで年を取ったりしている。人間の外の体は、部質なので古くなっていくのは、仕方がない。心は、持ちようで古くはならない。そんなことを深く考えていくと妙におかしくなってくる。心と体が別々になってくる。肉体は、衰えてくるけれど心は衰えない。そんな感じである。自分の人生というのもそんなものかもしれない。

今日は、なにかおかしなことを考えいるけれど、心の外側にある肉体、人間はその肉体を傷つけて、いろいろな傷つける要素がある。つまり、自分の体に対して無理をすることだ。無理をしたってそれは、自分の気持で、考えでやることなのでどうしようもないと思ったりするが、心をかぶせる肉体が弱まっていく。無理して心をかぶせる肉体を傷つける必要は、ない。今日は、こんなことを考えている。

家事代行業とは?

今日、新聞で「家事代行業」という見出しを見た。貧富の差が激しいフィリピンの女性たちが、主になっているということであった。フィリピンでの貧富の差というものは、少しは理解しているつもりだったが、新聞でも掲載されたということは、本格的になるのかな・・・と思ってしまった。何故、朝の初っ端から書いているかというと私の現状を見定めての投稿なのである。現在62歳、58歳で退職し両親の介護の傍ら退職後、軽運送業を営み、生計を立てている。現在も介護をしながらのことで、自分の仕事に十分な取り組みがなされていないという現状である。フィリピンの物価は、日本の10分の1ということなのだそうだ。日本に訪れているフィリピン人の人に、今まであちらこちらで出会ったことがある。日本で働いているという現状は、多いのであろう。新聞に今日、掲載されていた内容は、ハウスキーパーという職での掲載であった。そこで、考えたのであるけれど、自分の家とか今後、そういうサービスを依頼できないか。つまり、1万円で家事代行の人間を雇って、現状をより良き状態にすることができたならば、それはそれでいいのじゃないだろうか。・・と考えたわけである。この件については、ちょっと調査してみる価値がありそうである。調査後、また投稿したいと思っています・・・

花は匂えど・・

私の庭に、今色々な花が咲いている。

これは、私の父が植えた花々である。

f:id:kengo123tan:20170402070934j:plain

これは、玄関に咲く花、名前は知らない。今年は、よく咲いている。

f:id:kengo123tan:20170402071122j:plain

これは、庭に咲いている白と紅の梅の花、不思議なのは一つの枝に2つの色の花が咲くこと。

f:id:kengo123tan:20170402071405j:plain

これは、なんだろう。またまた名前がわからない。普段気にもとめていないからだ。

でも、庭には常に何かの花が咲いている。

これらの花々は、私にとっては、父の形見なのである。いつまでも散らないで咲いてておくれ。花々よ。

人生浮き沈み

人生というものは、だれでも浮き沈みと言うものがあるものです。私の場合は相当ありました。今もあっているかもしれません。いいときもあり、悪いときもあるのが人生です。悪いときは、どうすればいいのか。もがいたって仕方がない。もがいてももがいても、いい方向にスーっと行くわけは、ありません。行きようがないのです。いまの現状に満足していくか、それとも高みをめざしていくのか、どちらかでしょうが。それは、その人なりの生き方であって、他人がどうこう言うことはできません。でも、生きていかなければいけないので、何かをシなければ行けない。何かをして生きていかなければ行けない・・・とおもいます。今日は、とりとめもないことを書いています。4月1日だからというわけでわないのですが。取り留めもないこと・・・何でしょうね。つまり、頭の中では、なんにも考えていないということではないでしょうか。ここに、一匹の猫がいます。この猫は、私の家に住み着いた猫の子供です。何を考えているんでしょうか。物思いにふけっているような雰囲気です。猫にも人生があるんでしょうか。

https://www.instagram.com/p/BMDsi_WhrA5/

Instagram

人生、人生って言うけれど・・・

人生、人生って言うけれど、日本の男性の平均寿命、知っていますか。80.79歳なんですね。女性が87歳ぐらいなんですよ。これって、私は、いつも思うんですが何故、女性のほうが、長いのですか。いろいろ考えてみました。男性って、外に仕事に行って働くじゃないですか。女性もそうなんですが、男性のほうがより女性の方よりもストレスがかかる仕事が多くなるという現実がありますよね。平均的に見てそうだと思うのですが。そう思いませんか。そしてこれが極めつけなんですが、タバコも男性がよくすっている現状があります。酒もそうです。そういうところを見けば、命を縮めている要素が多いということでしょうか。そしたら、面白い発想ですが、オカマの人の寿命はどうなんでしょうか。調べてみる価値がありそうですね。

こんな意見もありました。Yahoo知恵袋から

オカマの寿命は女性と一緒だと思います
なぜかと言いますと 男性が女性より寿命が短いのは
それは男性は社会に出てストレスがあるからだと思います
ストレスにより寿命が短くなるのだと思い

ます
ところが女性は元々子供を産む生き物なので
男より強いんだと思います まぁ元々女性は麺たる強いですからね
オカマもやはり女性の心を持っているので、やはりストレスに強いかと思います
男性からの扱いも 女性として扱ってくれる人も多いと思うので
ストレスは少ないと思います なのでオカマは男性よりも寿命は長いと思います
まぁ寿命なんて性別関係なく 長い人は長い 短い人は短い と思いますけどね。

どうですか。これが事実なら、寿命を延ばすには、オカマさんになったらどうなんでしょうか。

老後のお金の心配・・・

老後のお金の心配は、誰でもあるものです。私62歳の人間だってもちろんあります。現在62歳ですので、健康という心配が先かもしれません。お金に関しては、できるだけ年金の満額の65歳まで、とにかく何かをすることです。今20〜50代の人は、60〜70代に受け取れる年金のことを考えることが先決であろうと思います。今62歳の私が、現実に直面しているので、現実は、よく理解しています。お金の心配を今からされている方は、大富豪の方は、別として一般庶民にとって毎日、健康なら働き続けることが必須条件ですからね。60歳の時点で何も仕事がないときのことも考えていくことが必須です。今、政府も副業を勧めているという新聞の記事を読んだことがあります。今のサラリーマンの方も副業をされている方は、多いのじゃないでしょうか。私も30代のときは、昼間働いて、よるの副業をしていた経験が多分にもっています。それは、その当時は、肉体労働でしたけれど、そのような形を持っていかなければ、今の世の中、続いて行かないと思っています。それが現実でしょう。それをその形を老後まで、持っていくわけです。