読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お役立ち情報ブログ

人生でいろいろお役立ち情報、びっくりしたこといろいろ掲載シています。

今日することは・・

今日することは、なーに。と考えてみる。それが一日の始まりだ。それを手帳に認めると、一日が始まってくる。そし、今日の目標が決まっていく。その目標は、1ヶ月の目標になり、1年間の目標になってくる。その積み重ねです。その一日一日の積み重ねが、大きなことに変わっていくのである。私は、そう思っている。小さなことの積み重ねで、大きなことが完成していく、大きなことをすることは、それを直接できるわけでわない。その途中には、いろいろな難所が待ち構えている。その難所をくぐっていかないと、向こうには、新しい道も見えてこない。人間ってそういうものだ。今日は、なにか自分に対しての詩を書いているみたいです。こういう日もあっていい。でも、昨日の新聞で、「1億総雇用」という記事があったけれど、どういう意味かと考えていたら、思いあたる節があったわけである。国が年金をしぶって、年をとった人間をいつまでも働かせるつもりということだ。そうしないと、年金問題、介護の問題が解決しないということであろう。

https://www.instagram.com/p/BN2z6i1hKKs/

Instagram今日は、ブランデーでも飲みながら、いろいろと考えてしまった。

昨日は、ありがとう・・

昨日、私のブログに★をつけてくれた人が、いました。カナダ在住の学生さんでした。カナダ・・・いま、寒いのですか。それと、福岡の方ということで、大変親近感を覚えました。わたしは、現在62歳で、32年間の定職後福岡市で運送の仕事をほそぼそとやっています。親の介護があるために、ほそぼそとしか仕事をやれない状況です。しかし、今親の世話をしておかないと、父が3年前に他界し現在、母ひとり、89歳になる母ですが、今十分な介護しておかないと後悔が後先するのじゃないかと思います。それが、今渡しに授けられたことじゃないかと心から、そう思っています。今後やれることは、や

https://www.instagram.com/p/BL-jACSh5Hj/

Instagram

っておく・・そうしないと・・・いけないと。これは、私の庭に咲いていたばらですが、いまは、あまり咲かないようになっています。時期じゃないので咲かないのですかね。

昨日は、すいません・・・

 ちょっと、失敗しました。美空ひばりさんの「川の流れのように」の映像を流そうとしたところ、私のブログでは駄目でした。まことにすいません。今日中に削除したいと思っています。これも、人生の一つのことなんですね。自分が好きなことをするのは、いいけれど一線をはみ出してやっていると、しっぺ返しが来るということです。美空ひばりさんの映像は、それだけプレミヤ物ということだとおもいます。人生は、川の流れのように流れているけれども、時には、濁流もあり、時にはうねりもあるものですね。ちょっと失敗しました。私のいい教訓にしたいとおもっています。

 

f:id:kengo123tan:20170402071122j:plain

私の庭に咲いている桃の花、紅梅の花。毎年、咲いています。私の親父が生前植えた花です。毎年と言うか、時々見てますのでわたしは、いつが桃の咲いている時期かは、はっきり知りません。しかし、自分の力で咲き誇っている。何のために咲いているのか・・咲いて散っていけばそこに、桃の実がなる。身がなって、また、咲いていく。その繰り返しである。人の人生もそういった繰り返しですね。花が咲いて、実がなってそして、実が落ちたら、また、木が育ち・・・そういう繰り返し。そんな繰り返しが続いていく。水の流れのように続いていく。「川のながれのように」

この歌の美空ひばりさんも、52歳の人生。短かったようです。人間最後は、大病をして死んでいくんですか。あなたは、自分は、どうでしょうか。ふと、思ったりします。

 

今日、大変なことが・・・

今日朝、大変なことが勃発した。なんと・・・自分の使っているMacが突然クラッシュしたわけである。大いに慌てふためいた。何故かというと、そのMacには、相当大切な書類などが入っていたので、それ全部がなくなると思ったからで、今までの苦労が水の泡に期するところであった。しかし、神は、私を助けてくれた。頭の中が、一瞬真っ白になったと思い、気が滅入っていた最中に、もう一台のiMacを立ち上げ修復の手段を検索し、先程修復シた次第である。目の前が、頭の中が真っ白になるというのは、こういうことだと最悪の経験をシてしまった。もう最悪だ。今まで、やってきたことが一瞬にして消えていくのであるから。それは、もう地獄としかいえない状況である。物事は、こういうときこそ整理して考えなければいけない。そうしないと再度同じようなことにあった場合、どうしようもなくなってしまうのだから。一瞬そうなったとき、朝食が喉を通らなかった。こんなことが、人生にあるのかもしれませんね。

毎日毎日、同じことの繰り返し

人生、毎日毎日同じことの繰り返し、誰でもそうなんだけれど、自分もそうなんだけれど、それに対してなんの不満めいたものは、存在しない。不満があるとしたら、どうしようもない世間に対してか・・・わからない。よく、最近新聞を見ていたら、若い人間が、何か不満があったから人を殺すという行動に出る人間が、いる。あれってどうにもならない自分に対しての不満を、自分より体力が弱い人間に対して、暴力で対することで自分の鬱憤を晴らしていくという構造である。最近の世の中、時々そういう人間が出てくるというのは、どういうことであろうか。世の中が認めてくれないとか、頑張ってもどうしようもないからとか、そういう感覚なんだろうか。自分は、成人君主でもなければ、他人にどうこういう資格がある人間でもない。今まで、62 年間生きてきて一番世の中に対して、何かを言いたかったときは、24歳のとき定職が決まらなくて、悶々としているときであった。どうにかしなければいけないと思って、できることはなんでもやっていった。なんでもである。●新聞配達 ●肉の配達 ●営業補助 ●電話帳配達その他いろいろ。●市政調査 いろいろな場面に遭遇することによって、今現在の自分という人間性が形づくられていると思っている。あまり、いい人間性とはおもっていないけれど、でも生きていく方法、色々と考えぬく力は、人よりも持っているつもりである。

昨日よく読まれた・・・

昨日、私の他のブログでよく読まれた記事がある。何故? かなあとかんがえてみたら。その記事は、今時旬な記事であったように感じている。旬な記事、はやりの記事ということか。考えてみれば、人の記事を読んでいる人は、その人の日記は、読む必要はないわけであって、読んでみたいなーという記事を読むのであって、そんな記事を書いていきたいと思ったりしている。今日のニュースを見て、驚いたことがある。こんなことは、人間として、絶対やってはいけない、非人道的なことである。内戦といえ空爆サリンを使用するとは、それによって子供が25人犠牲になっている。ここまで、来たかといった感じである。人げに対して、危害を加える最もてっとり速い方法をしようしたということである。国際的に断固として避難するべきであって、許すことはできない。読んでいると、以前にも使用されたことがあると言うことだ。最悪の時代が今後来なければいいがと祈るばかりです。

https://mainichi.jp/articles/20170406/ddm/001/030/164000c